コーチになる

HOME  >  コーチになる  >  コーチ養成コース CLT

社内コーチ養成コース CLT

コーチ養成コース CLT

リーダーとしての能力を身に付けられるプログラム

長引く不況、顧客ニーズに多様化、国際競争の激化など、私たちを取り巻く環境は厳しさを増す一方です。その中でも勝ち残っていく強い組織になるには『自立型人材の育成』が必要不可欠です。しかし、いわゆるゆとり世代やさとり世代と呼ばれる若者が社会に出てきた今、自立型人材を育てることは一層難しくなっています。

現代の若者は我々が育ってきた時代とは異なる教育を受け、異なる社会情勢の中で成長してきました。
そのため、我々とは異なる価値観を持っています。皆様の職場や周りにこのような若者はいないでしょうか。

 ちょっと叱ったらすぐパワハラって言い出す
 強く言ったらすぐ泣く
 辞めれば済むって思ってる
 ほめても全然喜ばない(表に出さない)
 欠勤や遅刻の連絡をメールやLINEで送ってくる
 そんなの自分で考えればわかるでしょ?ってことまでいちいち聞いてくる

そんな彼らに頭を痛めている方、たくさんいらっしゃるとことでしょう。しかし、そんな彼らでも、実は成長意欲は非常に高いです。日本の経済状態が非常に厳しい中育ってきたため、どこに行っても通用する仕事力を身に付けなければならない、自分自身の市場価値を高めなければならないという焦燥感を抱いています。したがって会社や仕事に対して「自分の成長機会」であることを期待しています。一方ですぐにでも成長したい、自分は成長できると思っているので、ちょっとしたことで壁にぶつかってしまいます。また、基本的な業務ができるようになっても、成長と感じません。彼らには日常の業務の中で成長や今の仕事に対して働き甲斐を感じさせられる指導が必要です。これが上手く機能すれば、彼らはどんどん成長し、組織が求める「自立型人材」となり、組織にとって欠かすことのできない優秀な戦力の1人となってくれるでしょう。

そのためには指導する経営者、管理職、リーダーが「コーチ型リーダー」になることが必要不可欠です。
コーチ型リーダーになると次のことが可能となります。

 一人ひとりの力を引き出す
 一人ひとりに合った動機づけができる
 一人ひとりに合ったコミュニケーションスタイルが取れる
 一人ひとりのレベルに合った指導ができる
 一人ひとりの個性を活かす育成ができる
 共感状態を作り出すことによって、個人または集団の活動を勝ちへ巻き込む

部下の自発的思考・行動を促し、モチベーションや目標達成をアップさせ、自立型人材として育成することができます。さらに個々の育成が進めば、組織全体のコミュニケーションの質も向上させ、同じ目標に向かって部下全員のベクトルを揃えることも可能となります。

リーダーには様々な能力が求められます。大きく分けると「組織統率力」「目標達成力」「コミュニケーション能力」「課題解決力・対応力」「業務指導能力」の5つが挙げられます。

CLTコーチ養成コースでは4ヶ月間でコーチングの基礎から実践スキルまで徹底的に学びます。これによりリーダーに求められる能力を身に付けることが可能です。 CLTは講座の約7割がロールプレイという超実践的な講座で、即現場で使えるようになるのも大きな魅力の一つです。月に1回の集合講座で学んだことを翌日から現場で実践してみる。そして2週間後の電話フォローアップ研修で実践した際に出てきた課題を解決する。その後更に実践を重ね、次回の集合研修に臨む。これを4ヶ月間繰り返すことで、リーダーとしての力を着実に無理なくつけることができます。

CLTは「コーチングを勉強する」のではなく、「コーチ型リーダーになる」講座です。

PAGELINK
講座カリキュラム
講座の特長
受講者募集案内
受講料金
受講料のお支払いについて
プログラム

講座カリキュラム

弊社の「ICCコーチ養成コース」のプログラムの前半(基本編 全4回)がCLTコーチ養成コースです。
講座カリキュラムは、集合講座・フォローアップ・レポートから構成されています。

  • 集中講座 : 4回5日間、1ヶ月に1回集合(対面)形式でおこなわれます。
  • フォローアップ : 集中講座の間に4回実施され、電話会議システムを利用して行われます。
  • レポート : 集中講座毎に出される、コーチングを身につけるための宿題です。

講座の特長 ~コーチングを学ぶのではなく、コーチになる講座~

「理解する」のではなく「実践できる」ようになる

『集中講座』… 全日程5日間
単なる机上の学習スタイルと違い、ロールプレイング中心の学習スタイルですので、すぐに現場で実践できます。
『フォローアップ』… 全4回実施
集中講座で学んだ内容の理解をさらに深めて頂くため、電話会議形式による合同学習会を行います。
だから知識だけではなく「コーチングができる」ようになります。

CLT受講のメリット

1.部下の目標達成能力を引き上げることができます。
2.部下一人ひとりの違いに目を向け、強みを伸ばすことができます。
3.会議・ミーティングで意見を活発に引き出すことができます。
4.報告・連絡・相談の頻度が増え、早い段階での状況把握に繋がり、リスク回避ができます。
5.人事評価面接、採用面接が上手くなります。

※当コースのみ受講された場合、コーチ資格を取得することはできません。

受講者募集案内

開催地 :福岡

受講期間:2016年11月26日~2017年3月5日

期 間 4ヶ月間
会 場 〒810-0001 福岡市中央区天神3-4-8 天神重松ビル 7階
ス ケ ジ ュ ー ル

集中講座 9:00~18:30 進行によって若干前後することがございます。

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
2016
11/26(土)
11/27(日)
2017
1/8(日)
2017
2/5(日)
2017
3/5 (日)
-------- -------- --------

フォローアップ 20:00~22:00

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
2016
12/22(木)
2017
1/26(木)
2017
2/23(木)
2017
3/23(木)
-------- -------- --------
定 員 10名  申込み手続き完了の方より席を確保いたします。

お申込を頂いた後、講座受講確認書のご記入と入金が確認された方には、約1週間でテキスト及び資料等を発送させて頂きます。ぜひ、事前にテキストをお読み頂いてご参加下さい。また、コーチングラボラトリーにも手続完了後参加いただけます。

受講料金

現金(銀行振込)でのお支払い

受講価格 265,000円(税別)

・入学金:免除 ・教材代(テキスト・コーチングDVD・副読本)含む

クレジットカード払いの場合

受講価格 285,000円(税別)

・入学金:20,000円 ・教材代(テキスト・コーチングDVD・副読本)含む

社内コーチ養成コース CLT を申込む

受講料のお支払いについて

受講料のお支払い方法は、下記の2つです。

現金(銀行振込)でのお支払い

受講料を指定期日までにお振込みください。

現金(銀行振込)でのお支払いの流れ

クレジットカード決済でのお支払い(一括払い)

ご利用いただけるカードはVISA、MasterCardです。

弊社での受付は一括払いのみとさせていただきます。
分割をご希望の方は、お申込み後に各カード会社までお支払い方法の変更についてお問合せください。

クレジットカード決済でのお支払い(一括払い)の流れ

社内コーチ養成コース CLT を申込む

説明会/見学会はこちら

お申込み/お問合わせはこちら

プログラム

日回 タイトル 内容 時間
集合講座1回目
(1日目)
オリエンテーション ICCカリキュラム・プログラムの説明 2
コーチングとはⅠ コーチンングの歴史・哲学 2
コーチングとはⅡ ICFの倫理規定とコンピテンシー、なぜ今コーチングか? 3
コーチングとはⅢ ゴールセッティング
(ライフバランス・ホイールとゴールリスト)
2
集合講座1回目
(2日目)
コーチングスキルⅠ 聞く 3.5
コーチングスキルⅡ ラ・ポール 1.5
コーチングスキルⅢ キーワードを拾う 2
コーチングスキルⅣ ①承認 ②質問 2
集合講座2回目 コーチングの構造 コーチングの構造とフローのポイント 3
目標達成型コーチング 目標達成型コーチングのデモンストレーションとエクササイズ 3
課題解決型コーチング 課題解決型コーチングのデモンストレーションとエクササイズ 3
集合講座3回目 真のゴール設定 真のゴールの見つけ方とゴールの再設定 3.5
コーチングスキルⅤ ビジュアライズ① A.フューチャーペーシング B.モデリング 2
コーチングスキルⅥ ビュジアライズ② C.ディソシエートとアソシエート 1.5
コーチングスキルⅦ ビュジアライズ③ D.リソースの活用 E.間接法 1
総合エクササイズⅠ コーチングの構造と基本スキルを用いた総合エクササイズ 1
集合講座4回目 コーチングケーススタディ 成功事例・失敗事例から学ぶ 0.5
コーチングスキルⅧ フィードバック 3.5
コーチングスキルⅨ X-Y軸で展開する 2
社内コーチⅠ 社内コーチの役割、ビジョンコーチング 2
社内コーチⅡ 社内コーチングの総合エクササイズ 1

4回目受講後、ご希望の方はICCコーチ養成コースへの編入ができます(詳細はお問合わせください)

代表的なコーチングスキル

代表的なコーチングスキル

「目標実現に向けた双方向のコミュニケーション」がコーチングです。
そのコーチングの中で、クライアントの計画や行動がより明確になったり、モチベーションが上がる技術こそが「コーチングスキル」です。

コーチングスキルは100種類以上あると言われ、クライアントのタイプや状況、目標(ゴール)に応じて効果的に使い分けます。

聞く、アクノレッジメント、質問、フィードバック、提案、X-Y軸で展開する、自己基盤を強化する、鏡になる、愛、シンプルにする、返す、優先順位をつける、戦略、ニュートラルに話す、クライアントに妥協しない、エネルギーを合わせる、ラジオミステリーを聞く、つかむ、支持する、メタファー、リフレーミング、ホックから外す、レーザーを当てる、アクションプランを創る、ゴールを視覚化する、叱る、問題に気づかせる、ゴールを2倍にする、ビジュアライズ、アンカリング … など

コーチングの構造

コーチングには2つのフローがあることを理解します。
クライアントの目標・テーマに合わせてコーチングができるようになります。

目標達成型コーチング(何らかの目標を達成する)

・売上目標の達成 ・マネジメントスキルの向上 ・資格取得

課題解決型コーチング(現状ある何らかの問題を解決する)

・部下への注意改善を促す ・人間関係の改善

社内コーチ

社内コーチの役割やコーチングフローを学びます。

ビデオ学習例

・営業所長(コーチ)が新任課長をコーチングする ・キャリアアップのためのビジョンコーチング

ケーススタディ例

・能力は高いが、最近やる気が低下している部下

人が行動を起こすとき(ビジュアライズ)
動機付け要因(Motivator)~満足を与える要因~
達成 承認 仕事のやりがい 責任 昇進 成長

コーチングで取り扱う「長期的・継続的な目標」に対して、
最もモチベーションの高まる要因は達成イメージ・成功イメージである

現在ご活躍のコーチの声を見る

説明会/見学会はこちら

お申込み/お問合わせはこちら

お問合わせ、資料請求、各種ご相談は TEL:092-762-5859 プロコーチ派遣・養成 アニメートエンタープライズ

  • メールでの各種受付、ご相談はこちら
  • 弊社会社概要、アクセス方法はこちら